【不安】離婚したい時はどうしたらいい?5つの事前準備や別れるまでのステップを解説

離婚したい

「離婚したい時はどうしたらいいの?」

「離婚したいけどどうしたらいいか分からない……」

「離婚したいけどどうしたらいいか分からない時の注意点は?」

などとお考えではありませんか。

 

さまざまな理由から「離婚したい!」と思っても、何から手を付けていいか分からないですよね。

どうしたらいいか分からず、離婚に踏み切れない方もいることでしょう。

 

当記事では

  • 離婚したい時はどうしたらいい?5つの事前準備
  • 離婚が成立するまでのステップ
  • 離婚したいけどどうしたらいいか分からない!知っておきたい注意点

といった内容を徹底解説していきます。

 

離婚したいけれど、どうしたらいいか分からないという方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ離婚したい時はどうしたらいいか、離婚する方法がきっと分かるはずです。

 

離婚したい時はどうしたらいい?5つの事前準備

離婚したいと思っても、どうしたらいいか具体的な方法が分からないと離婚に踏み切れません。

後悔しないためにも、離婚の事前準備を整えましょう。

 

離婚したいけれどどうしたらいいか分からない方は、まず下記の5つの事前準備から始めてみてください。

  • 離婚後の生活環境を準備する
  • 離婚の理由を整理する
  • 子供の親権者になるための準備をする
  • 経済的な準備を整える
  • 希望する離婚条件を検討する

それぞれの準備ポイントを詳しくみていきましょう。

 

離婚後の生活環境を準備する

まずは「離婚後の生活環境を準備する」ことが大切です。

離婚すれば、今の生活を続けるわけにはいきません。

 

今の家を出て行かなければならないこともあるでしょう。

住むところがない!

といった事態にならないよう、住まいを確保してください。

 

また小さい子供がいる方はサポート環境を整える必要もあります。

急な体調不良があった時に頼れる先を探してください。

 

離婚の理由を整理する

「離婚の理由を整理する」こともポイントです。

今は漠然と

離婚したい……
自由になりたい……

などと考えていることでしょう。

 

しかしなぜ離婚したいと思っているのか、しっかり理由をまとめておく必要があります。

なぜなら夫と離婚の話し合いになった時に、理由を説明できなければ夫を納得させることができないからです。

 

たとえば

一緒にいるのが嫌になった……

という気持ちの中にも、いろいろな理由があることでしょう。

 

  • 顔を合わせれば喧嘩ばかり
  • 会話がない
  • 生活スタイルが違い過ぎる

など、自分の本当の気持ちと向き合ってみてください。

向き合ってみると意外にも「離婚するほどではないかもしれない」と気づくケースもありますよ。

 

子供の親権者になるための準備をする

子供がいれば「子供の親権者になるための準備をする」ことも必要です。

親権者になるためには、主に下記の5つのポイントが重要になります。

  • 親の健康状態や監護能力
  • これまでの監護実績
  • 離婚後に一緒に過ごす時間が取れるかどうか
  • 子供の意向
  • 子供の年齢

 

フルタイムで仕事をしている人は、子供との時間を取れるように調整が必要です。

反対に仕事をしていないと、経済力がないため「監護能力なし」と判断される可能性もあります。

 

経済的な準備を整える

「経済的な準備を整える」ことも忘れないようにしましょう。

離婚をすれば、当然夫の収入に頼るわけにはいかなくなります。

 

今まで専業主婦だった人は、ブランクもあるため仕事を探すのに苦労することでしょう。

何とかなるでしょ……

と甘く見ていると、後悔する結果になりかねません。

 

特に小さな子供を抱えて、仕事をするのは大変なことです。

急な風邪などで、欠勤しなければならないこともあるでしょう。

 

子供を抱える女性に優しい職場を探しておく必要があります。

今仕事をしていない方は、早めに職探しを始めるようにしてください。

 

希望する離婚条件を検討する

最後は「希望する離婚条件を検討する」ことが挙げられます。

離婚自体は離婚届を提出すれば完了です。

 

しかし離婚自体には合意してくれても、離婚条件で揉める夫婦は珍しくありません。

特に

  • 慰謝料をもうらかどうか
  • 子供との面会交流の頻度
  • 財産分与

などで揉めることが多くなっています。

 

まずは自分の希望する離婚条件をまとめておきましょう。

具体的な理由を提示することで、トラブルを最小限に抑えることができます。

 

離婚が成立するまでの4つのステップ

離婚が成立するまでのステップは下記の通りです。

  1. 離婚を切り出す
  2. 離婚の条件を夫婦で話し合う
  3. 話し合いが決裂した場合は調停を申し立てる
  4. 調停が不成立の場合は裁判で争う

それぞれのステップを具体的にみていきましょう。

 

①離婚を切り出す

まずは夫に「離婚を切り出す」ところからスタートします。

離婚を切り出す際は

大事な話があるんだけどいい?

などと話し始めると、夫に真剣に話を聞いてもらえるでしょう。

 

自分が離婚したいと思っている理由を、冷静に伝えてください。

夫から反論されたとしても、感情的になることは避けましょう。

 

まずは離婚に合意してくれるかどうか、夫の気持ちを確認するステップになります。

離婚に合意してくれない場合の対処法は、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

②離婚の条件を夫婦で話し合う

夫が離婚に合意してくれた場合は、次に「離婚の条件を夫婦で話し合う」ことになります。

離婚の話し合いで決めておきたい条件は下記の通りです。

  • 親権はどちらが持つのか
  • 面会交流の頻度
  • 財産分与
  • 養育費
  • 慰謝料など

 

子供がいる場合は親権や面会交流の頻度について話し合いましょう。

子供の苗字や戸籍をどうするのかなど、今後のことも話し合っておくべきです。

 

また入学式や卒業式には参加してもらうのか、誕生日などにお祝いを贈るかどうかなど、細かいところも話し合っておきましょう。

財産分与は民法でも定められており、離婚する夫婦に認められた権利です。

(財産分与)
第七百六十八条 協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。

引用:e-Gov法令辞典

 

基本的に夫婦の共有財産は、1/2ずつに分配されます。

しかし家や車など、物理的に半分にできないものもあるでしょう。

 

売却してそのお金を折版するのか、またはどちらかが今後も所有していくのかを話し合ってください。

家財道具や保険、株なども財産分与の対象になります。

 

③話し合いが決裂した場合は調停を申し立てる

「話し合いが決裂した場合は調停を申し立てる」のが一般的です。

離婚する夫婦の約1割は、調停離婚を申し立てています。

日本人の離婚の約90%はこの協議離婚で、調停離婚は9%、裁判離婚は1%という割合です。

引用:上大岡法律事務所

 

調停とは家庭裁判所に、離婚の調停を依頼することです。

男女各1名の調停委員に間に入ってもらい、離婚そのものや離婚条件についての話し合いを行ないます。

 

夫婦同士では感情的になってしまい、話し合いにならない場合にも有効です。

申立ては夫婦のどちらか一方のみで行うことができます。

 

④調停が不成立の場合は裁判で争う

「調停が不成立の場合は裁判で争う」ことになるでしょう。

とはいえ、裁判での離婚は短くても数か月かかります。

 

場合によっては3~4年かかるケースもあるほどです。

そのためできるだけ話し合いや調停で離婚を成立させる方が、お互いの精神的負担にならずに済むでしょう。

 

裁判では民法に基づき、法定離婚事由に該当するかどうかが争われます。

(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-Gov法令辞典

有利に離婚を進めるためにも、弁護士を雇う人が多く、弁護士費用も必要になるでしょう。

 

離婚したいけどどうしたらいいか分からない!知っておきたい注意点

離婚は人生でそう何度も経験するものではありません。

初めてのことであれば

離婚したいけれどうどうしたらいいか分からない!

とパニックになってしまう方もいることでしょう。

 

離婚を決める前に、下記の点は知っておくことをおすすめします。

  • 離婚は心身ともに疲弊する
  • 少なからず子供にも影響する
  • ある程度まとまった費用を用意しておく
  • 精神的な自立も大切

それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

 

離婚は心身ともに疲弊する

まずは「離婚は心身ともに疲弊する」ことを覚えておくべきです。

離婚を成立させるには、相手が離婚に合意してくれるまで話し合わなければなりません。

 

既に気持ちが冷めている相手と何度も話し合わなければならないのですから、妻にとっては苦痛の時間となることでしょう。

お金の問題や子供の問題など、話し合わなければならないことは山のようにあります。

 

時間がかかればかかるほど、神経が磨り減るような思いをすることでしょう。

軽い気持ちで離婚を考えている方は、もう一度考え直してみてください。

 

少なからず子供にも影響する

離婚は「少なからず子供にも影響する」ものです。

学者たちがさまざまな論文でも発表するほど、離婚は子供にいろいろな影響を及ぼします。

 

たとえば下記のような論文がありました。

離婚後に悪条件が揃うと、離婚の子どもに与える精神的・身体的影響は、非常に長期にわたり、かつ深刻なものとなること、また、複数同胞の場合には、その影響はそれぞれ違うことが先行研究によって明らかになってきている。

引用:CiNii Research

 

離婚は子供に寂しさや孤独、悲しみを感じさせてしまうことがあります。

場合によっては「捨てられた」と感じる子供もいることでしょう。

 

とはいえ、子供に与えるのは悪影響ばかりではありません。

離婚することで、両親の喧嘩を見なくて済むようになるというメリットもあるでしょう。

 

子供に影響を与えるということを頭に入れ、できるだけ悪影響を与えないように伝え方に注意するべきです。

 

ある程度まとまった費用を用意しておく

「ある程度まとまった費用を用意しておく」ことも意識しましょう。

離婚する時には、思った以上にお金がかかるものです。

 

お金がないことで弁護士に頼ることができず、不利になってしまうケースも考えられます。

また離婚後に別居するためにも、まとまったお金が必要になるでしょう。

 

後悔しないためにも、ある程度まとまったお金は用意しておくようにしてください。

お金がない状態で離婚する場合は、下記の記事もみてみましょう。

 

精神的な自立も大切

最後は「精神的な自立も大切」だという点を覚えておいてください。

どんな理由であれ、離婚は人生に大きな影響を及ぼします。

 

言い争いで精神的に傷つき、辛い思いをすることもあるでしょう。

しかし過去に執着しすぎると、せっかく離婚しても離婚後の人生を楽しむことができません。

 

やり直したい……
復縁したい……

と思うこともあるでしょうが、気持ちを断ち切って新たな人生を楽しみましょう!

 

まとめ

離婚したいけれどどうしたらいいか分からない方は、まず下記の5つの事前準備から始めてみてください。

  • 離婚後の生活環境を準備する
  • 離婚の理由を整理する
  • 子供の親権者になるための準備をする
  • 経済的な準備を整える
  • 希望する離婚条件を検討する

 

離婚が成立するまでのステップは下記の通りです。

  1. 離婚を切り出す
  2. 離婚の条件を夫婦で話し合う
  3. 話し合いが決裂した場合は調停を申し立てる
  4. 調停が不成立の場合は裁判で争う

 

離婚は人生において、そう何度も経験するものではありません。

どうしたらいいか分からない!

と不安になるのも自然なことです。

 

離婚したい場合は感情的にならず、事前に準備をしておく必要があります。

ぜひ当記事を参考にしながら、事前準備を整えるようにしましょう。

 

離婚したい場合に用意しておきたい貯金額については、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました