夫の知的障害で離婚はできるの?症状とうまくいく裏技を徹底解説!

「夫が知的障害で悩んでいる」

「夫が知的障害で離婚はできるの?」

「知的障害の種類って何?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

確かに夫の知的障害で離婚できるのか気になるものですよね。

当記事では下記の内容についてまとめました。

  • 夫が知的障害で離婚はできるのか
  • 知的障害の症状
  • 夫への接し方
  • 知的障害の原因
  • 利用制度と経済支援

 

当記事をご覧になれば夫の知的障害で離婚はできるのか、また原因についても深く理解できるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

 

副業でWEBデザインで稼ぐ方法とは?

夫が知的障害!離婚はできるの?

結論として協議離婚は可能です。

夫が知的障害は離婚の理由にはなりませんが、可能な離婚がありますので詳しく解説していきます。

  • 協議しての離婚は可能
  • 裁判は難しい
  • 調停は不可能ではない

 

3つについてそれぞれみていきましょう。

                           

協議離婚は可能

協議により離婚することは可能です。

日本人の約90%が行う離婚方法に該当します。

 

協議離婚とは?

夫婦で話し合いお互いに合意したら離婚届を市町村役場に提出するという離婚方法です。

法律的な理由がなくても夫婦が離婚に同意していて離婚届を提出した時点で離婚は成立します。

 

大切なのは、お互いが離婚に同意していることです。

夫が知的障害という理由での協議離婚は可能と言えるでしょう。

 

裁判離婚は困難

夫が知的障害という理由では、裁判で成立することは困難です。

裁判離婚とは?

調停離婚で夫婦の合意がない場合に、家庭裁判所に行って判決にて離婚を成立させる手続きのことです。

 

裁判の流れによっては、和解して離婚が成立することもあるでしょう。

理由として裁判で離婚を認めているのは、「法律で決まっている理由にあてはまること」が前提としてあります。

 

法律で決まっている理由って何でしょうか?

具体的には下記のような理由が挙げられます。

  • 3年以上生死不明
  • 配偶者が重度の精神病になり、回復が見込めない。
  • 悪意の遺棄
  • 継続できない重大な理由

 

夫が知的障害という理由での裁判離婚は困難と言えるでしょう。

 

調停離婚は不可能ではない

夫が知的障害という理由で、夫婦が合意せずに調停委員を挟んでの話し合いになるので離婚は不可能ではありません。

調停とは?

正式名称は「夫婦関係調整調停」

家庭裁判所で離婚について話し合うこととされています。

調停委員を挟んでの話し合いになる点が特徴です。

調停委員を挟んでの話し合いの内容って何?

  • 離婚するのか、しないのか
  • お金のこと
  • 子どもがいる場合は、親権や養育費のこと
  • 浮気やDVがある場合は、慰謝料の有無や金額のこと

 

費用はかかりますが、裁判離婚よりは低価格で行えるでしょう。

夫が知的障害という理由で調停離婚は委員を挟んでの話し合いがスムーズに進み夫婦が合意すれば可能になります。

 

離婚の成立を目指すためのステップ

離婚が成立するためには下記の3つのステップがあります。

  1. 協議離婚
  2. 調停離婚
  3. 裁判離婚

 

協議離婚ではお互いに合意していることが大切です。

合意できなかった場合は調停離婚で調停委員を挟んでの話し合いを行います。

調停離婚で合意できなかった場合、最終的には裁判離婚です。

家庭裁判所に行って判決で離婚を成立させます。

 

夫の知的障害の症状

夫が知的障害の症状について下記の内容についてまとめました。

  • 軽度
  • 中等度
  • 重度
  • 最重度
  • 判断基準

5つについてみていきましょう。

 

軽度

知的障害軽度の場合、優先順位をつけることが苦手です。
  • 暗算やおつりの計算
  • 文章の読み書き
  • 計画を立てること
軽度の場合、身の回りのことを行うことに支障がないことが多いです。
  • 家事や子育て
  • 金銭管理
  • 健康管理

法的な決断は、支援があればうまくできることが多いです。

コミュニケーションでは、同年代のほかの人より未熟だと思われることも多いでしょう。

中等度

成人でも、学習技能は小学校程度にとどまっていることが多いです
支援が必要な判断は下記の通りです。
  • 社会的な判断
  • 意思決定
  • 人生における重要な決断
コミュニケーション能力に制限があったり、暗黙の了解とされるような理解が苦手である場合があります。
適切な支援や教育によって、身の回りのことや家事ができるようになる人が多い。
支援があれば、職種や環境によっては自立して仕事をすることも可能です。

重度

支援が必要な内容は下記の通りです。
  • 書かれた言葉や数量
  • 時間や金銭などの理解
  • 食事
  • 身の周りのこと
  • 入浴

 

生活上の広範囲にわたる行為において支援が必要であることが多いでしょう。

コミュニケーションにおいては、この場の状態についての、単語や数字を使っての簡単な会話のみ可能です。

最重度

身振りや絵カードなどのコミュニケーション手段を使って他者からの感情を読み取って他人と意思疎通を行うことができます。
コミュニケーションは、会話や身振りを使い限られた範囲であれば理解できることが多いでしょう。
日常生活において他者からの指示や援助を必要とすることが多いです。

知的障害の判断基準

知的障害の判断基準については下記の通りです。

知的能力とは知的活動を行うために必要な能力のことで、読み書きや計算を行ったり、物事を理解し、考え、判断する思考能力のことです。一方、適応能力とは社会生活に適応する能力のことで、集団のルールを守ったり、集団の中での自分の役割を果たしたり、他人と良好な関係を築くなどの能力を指します。
知的能力は、知能検査によって測られます。知能検査は、知能の発達の程度を示す数値である「知能指数(IQ)」によって表され、IQ70以下だと知的障害に該当する可能性があります。
しかし、知的能力が低いだけでは知的障害とは判断されません。同時に、適応能力にも制限がある状態であり、かつ、これらの症状が発達期に現れているという、3つの条件が揃った場合に知的
障害である可能性が考えられます。
知的障害の定義は日常生活に支障出て、特別の援助を必要とする状態にあるものということでした。
夫が知的障害で不安や疑いがある場合は日々の生活をチェックすることが重要といえます。
より正確にチェックするためには、病院受診などを視野に入れるのも大切です。

夫が知的障害での接し方5選

知的障害に対しての接し方は下記の通りです。

  • ゆっくり、やさしく、ていねいに話しかける
  • はっきり、短く、具体的に話す
  • 余裕をもって思いを聞く
  • 年齢にあった話しかけをする

4つの内容をみていきましょう。

 

ゆっくり、やさしく、ていねいに、話しかける

目を見て、ゆっくり話しかけましょう。

急に声をかけることや、急に肩をたたいたりすることが苦手な場合があります。

やさしくていねいな言葉で話しかけると、話してくれます。

話しかけたら、本人がリラックスするのを待ち様子を見て状況に合った対応を心がけましょう。

 

はっきり、短く、具体的、に話す

一度にたくさんの事を話すと、混乱してしまいます。

ポイントを絞って、1個ずつ話しましょう。

あれ、これ、表現は使用せず具体的に分かりやすい言葉で話すことが大事です。

文字を理解する場合は、メモにして説明すると理解します。

本人が理解しにくいようであれば、文字や絵を使って繰り返し伝えましょう。

また、理解しにくいことや聞きなれない用語については、分かりやすい言葉で言い換えて説明すると効果的です。

年齢にあった話しかけする

知的障害者の中には、幼児扱いをされたまま大きくなった人もいますが、大人としての対応を心がけて接していきましょう。

保護者やヘルパーと居る場合も、介助者に話しかけるのではなく、本人に向かって話しかけ、本人の意思を確認しましょう。

余裕を持って思いを聞く

本人の思いを聞く時は、あせらず時間に余裕を持って聞きます。

どうしても言葉が出ず、困っている場合は、はい、いいえで答えられるように具体的な選択肢を挙げて質問すると答えやすいです。

夫が知的障害で妻がうまくいく裏技

実際に、夫の発達障害で妻がうまくいく裏技5選を紹介します。

  • 発達障害があるという自覚
  • 妻が発達障害への理解や夫への適切な対応
  • よい関係づくりに向けて夫と妻が努力していること
  • 悩みを家庭のみで抱え込まないで周囲の理解とサポートがあること
  • 夫の受診や正確な診断、その後の医療機関などでのサポートを受けること

 

夫がしっかり知的障害を自覚して妻に理解してもらうことが大切です。

また、悩みを抱え込まず周囲のサポートや医療機関の正確な診断を受けて、よい関係を築いていきましょう。

夫が知的障害の原因

夫が知的障害の原因は3つあります。

  • 病理的要因
  • 生理的要因
  • 環境的要因

 

3つについて解説していきます。

病理的要因

病理的要因の原因は下記の通りです。
  • 先天性の疾患
  • 出産時の事故
  • ダウン症候群やレット症候群などの染色体異常
  • 脳機能の先天的疾患である自閉症スペクトラム障害
  • 出産時の酸素不足や脳への圧迫などの事故
  • 生後の高熱による後遺症

 

生理的要因

病理的要因となる疾患はないものの、たまたま知能指数が低く知的障害とみなされる範囲に入っている場合です。
合併症はないことが多く、知的障害のほとんどがこの要因によって起こっていると言われています。

環境要因

発育環境が原因で起こる知的障害です。
脳が発達する乳幼児期に、育てる人による虐待や育児放棄などがあると脳の発達が遅れ、知的障害の原因となることがあります。

夫が知的障害の利用制度

夫が知的障害で利用できる制度5選をご紹介します。

  • 療育手帳制度
  • 相談所
  • 総合支援
  • 成年後見制度
  • 虐待防止センター

5つについて解説していきます。

 

療育手帳制度

療育手帳とは?
知的障害のある人に交付される障害者手帳です。
取得すると、福祉サービスやいろんな制度の優遇を受けることができます。
サービスや優遇の内容は自治体によって異なりますが手帳を受け取り制度を有効活用しましょう。

知的障害者相談所

夫の知的障害のある場合、相談を受け専門家が助言や指導を行います。
相談内容は下記の通りです。
  • 日常生活
  • 医療
  • 進路や就労
  • 各種手当
  • 施設の利用

 

などについての相談を受けて、療育手帳の判定や交付も行っています。

知的障害者総合支援

夫の知的障害のある人は、知的障害者総合支援法で定められたサービスを利用することができます。
利用できる障害福祉サービスの内容は、障害支援区分によって違う事が多いです。
障害支援区分とは?
その人に必要な障害福祉サービスの度合いであり、主治医の意見書や市区町村の審査などにより決定されます。
利用できる知的障害福祉サービス知的障害者施設は2つあります。
  • って支援を受ける通所支援
  • 施設に一定期間入所する入所支援

 

市区町村により、施設の事業形態や名称は異なるためしっかり確認しましょう。

成年後見制度

知的障害のある人の中には法律行為を苦手にする場合があります。
  • 不動産
  • 預貯金の管理
  • 賃貸や介護の契約

このような場合は、成年後見制度を利用することも可能です。

 

成年後見制度とは?
知的障害のために判断能力に不安がある人が法律行為を行う場合に、家庭裁判所から選ばれた人が支援する制度のことです。
すでに判断能力に不安がある場合に、2つの後見人があります。
法定後見制度:本人が法律行為を行う際に後見人が支援する制度。
任意後見制度:将来に備えて本人が後見人を依頼しておく制度。

障害者虐待防止センター・人権相談所

知的障害の人が生活をする上で差別や虐待などの被害を受けてしまった場合、障害者虐待防止センターや人権相談所に相談することができます。
障害者虐待防止センターとは?
障害者虐待防止法に基づいて全国の市町村や都道府県にある窓口で、知的障害のある人に対する虐待についての相談や通報を受けつけています。
人権相談所とは?
法務省が開設している相談所で、法務局や地方法務局などに窓口が開設されており、電話やインターネットでも相談することができます。
 
相談は無料で、相談内容についての秘密は厳守されるため、安心して相談することができるのです。

夫が知的障害で受けれる経済支援

知的障害のある人が生活していく中では、療養などの必要から経済的負担が発生。
この場合、下記の助成制度を利用できます。
  • 知的障害年金
  • 生活保護
  • 特別障害者手当

3つについてご紹介します。

知的障害年金

知的障害年金とは?
障害や疾患により生活や仕事に支障が出た場合に、若い人でも受け取ることのできる年金です。
支給額は症状や年金への加入時期で違いますが、生活の一部を支援する額が支給されます。

生活保護

生活保護とは?
疾患で働くことが困難となり、収入が不十分の場合に、最低限度の生活を保障するための費用が支給される制度
現在所有している資産や親族の援助などを活用しても十分な生活が送れないと判断された場合に支給。
支給額は、地域や世帯の状況によって異なります。

特別障害者手当

特別障害者とは?
障害のある人のうち、特に重度の障害のある人のこと
特別障害者手当は、精神や身体に重度の障害があり、日常生活において常に特別な介護を必要とする特別障害者に対して、負担を軽減するために国から支給される手当のことです。

まとめ

夫が知的障害で離婚ができるのかについてまとめました。

  • 協議しての離婚は可能
  • 裁判は難しい
  • 調停は不可能ではない

 

夫の知的障害の症状です。

  • 軽度:同年代のほかの人より未熟だと思われることも多い
  • 中等度:暗黙の了解とされるような理解が苦手
  • 重度:単語や数字を使っての簡単な会話のみ可能
  • 最重度:会話や身振りを使い限られた範囲であれば理解できることが多い

 

夫の発達障害で妻がうまくいく裏技5選を紹介します。

  • 発達障害があるという自覚
  • 妻が発達障害への理解や夫への適切な対応
  • よい関係づくりに向けて夫と妻が努力していること
  • 悩みを家庭のみで抱え込まないで周囲の理解とサポートがあること
  • 夫の受診や正確な診断、その後の医療機関などでのサポートを受けること

 

知的障害のある人は社会生活が難しいため、生活に困ることがあります。
しかし夫が知的障害の場合は、しっかりとした環境や支援によって大きく変わることもあるので環境への適応が難しいです。
夫にあった環境を整えることが生活していく中で重要なので支援を積極的に利用し、夫に合った環境を見つけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました