【離婚?】夫に恋愛感情なし!夫を好きじゃなくなる理由と恋心を復活させる方法とは?

「既に夫への恋愛感情なし!このまま夫婦生活を続けられるか不安……」

「夫に恋愛感情なしの場合、好きな気持ちを復活させることは可能なもの?」

「夫に恋愛感情なしでも結婚生活を続ける秘訣を知りたい!」

 

上記のように悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

最初は「この人とならば一生恋愛感情を持ち続けられる」と思って結婚したのに、夫への恋愛感情が徐々になくなると、結婚生活を続けていけるかどうか悩みますよね。

 

そこで当記事では下記について解説していきます。

  • 夫に恋愛感情なし!妻たちが夫に冷める瞬間は?
  • 今からできる!夫への恋心を復活させる方法とは?
  • 補足:夫に恋愛感情なしでも結婚生活を継続させる秘訣とは?

 

当記事を読んでいただくと、夫への恋愛感情がなしになる瞬間や、恋心を復活させる方法・結婚生活を持続させる秘訣がわかります。

夫への恋愛感情がなくなって不安に感じてる女性は、是非最後までお読みください。

 

夫に恋愛感情なし!妻たちが夫に冷める瞬間は?

この章では夫に恋愛感情なしな妻たちが、実際に夫に冷める瞬間を紐解いていきます。

付き合ってる頃は、夫婦になってもずっとラブラブでいられると思っていた夫婦が大半でしょう。

 

しかし夫への恋愛感情は、

  • 共に生活していくうちに家族愛に変わる
  • お互いを「夫婦」ではなく「子供の親」という見方をするようになる
  • 人生を共にする「同志」という役割に変化する

上記のように徐々に変化していくものです。

 

ある程度は仕方がないにしても「恋愛感情がなしになるのは想定外」と感じる女性も多いでしょう。

妻が夫に恋愛感情なしになる瞬間について下記解説していきます。

 

  • 家事や育児に非協力的
  • 夫の嫌な面ばかりが目につくようになった
  • 夫からの愛情が感じられない
  • 夫の外見が変わった
  • いるのが当たり前の存在になった

下記にて順番にご覧ください。

 

家事や育児に非協力的

夫が家事や育児に非協力的な状況が続くと、妻は夫への恋愛感情を持ち続けることはできません。

現在では共働きの夫婦が多いため、家事や育児は夫婦二人で協力し合っていくのが当たり前のことです。

 

にもかかわらず、

  • 妻ばかりが家事をやっている
  • 夫が育児に参加してくれない
  • 家事や育児のことで頻繁に口論になる

上記のようなことが続くと、夫への愛情が薄れていくのは当然と言えます。

 

なんでこんな人と結婚したんだろう

と夫に嫌悪感を抱く妻も少なくないでしょう。

家事や育児に非協力的な夫に対して、恋愛感情を持ち続けることは難しいと考えられます。

 

夫の嫌な面ばかりが目につくようになった

長く一緒に暮らしているうちに、夫の嫌な面ばかりが目につくようになったという妻もいるでしょう。

結婚した当初は長所に思えていた夫の人柄も、短所に思える瞬間はありますよね。

 

  • 優しい人→優柔不断
  • 男らしい→亭主関白
  • 真面目→融通が利かない
  • おおらか→雑・鈍感

など一緒に暮らしているうちに、夫の良い所だと感じていた性格の裏の面が見えてくるものでしょう。

 

  • 優しい人柄が好きだったけれど、結婚後義母の言いなりで嫌になる
  • 亭主関白でモラハラ気味な言動が増えた
  • 融通が利かない性格なので、家事や育児のやり方に口出ししてくる
  • 夫の家事や育児がおおざっぱすぎて、ストレスが溜まる一方……

など、一緒に生活するうえではマイナス面ばかりが目についてしまうこともありえます。

 

家族として暮らすことに支障をきたし出すと、夫の短所にばかり目がいかなくなりがちです。

短所ばかりが目につくようになってしまうと、恋愛感情持ち続けるのは難しいと言って良いでしょう。

 

夫からの愛情が感じられない

夫からの愛情が感じられないと、妻の愛情も比例するように薄れていく場合があります。

  • 新婚当初は優しかったのに、最近優しさが感じられない
  • 一緒にいても会話がない
  • 妻に対して「年取ったな」などの心無い言葉を言う
  • 他の女性に浮気をした

 

浮気はもってのほかですが、一緒に暮らしているうちに、

  • 以前だったらこんなこと言わなかったのに
  • 最近おざなりな態度が目につく
  • 夫に大事にされていないと感じる
  • 妻の優先順位がどんどん下がっていく

上記のように、夫からの愛情の変化を敏感に感じ取る女性は多いでしょう。

 

夫からの愛情が感じられないと、

  • 夫との生活を大事にしなくなる
  • 夫のことを「生活を共にする人」としか思えなくなる
  • 仮面夫婦状態になる

など、生活を成り立たせるために一緒にいるだけの存在になってしまいます。

 

夫に恋愛感情を持ち続けるためには、夫から「愛されている」ことを妻が感じられている状態であることが必要と言えるでしょう。

 

夫の外見が変わった

年齢を重ねるとともに夫の外見が変化していくと、恋愛感情に変化があるのは当たり前のことと言えます。

  • しわやたるみが目立ってきて老けたと感じる
  • 髪の毛が薄くなった
  • お腹が出てきた
  • 全体的にだらしない体形になった

など、年齢を重ねることでの外見の変化があるのは当然のことです。

 

私は夫の外見だけを好きなわけではないから、多少変わっても大丈夫!

と思う女性もいるかとは思います。

 

しかし、

  • 外見を保つ努力は年齢を重ねてもしてほしい
  • 素敵に年を取ってほしい

と考える女性が大半なのは間違いないでしょう。

 

また妻が夫のためにヘルシーな生活を心がけているのに、

  • 夫の健康を考えて作った料理に文句を言う
  • 一緒に薄毛対策をしているのに非協力的だ
  • 加齢によるたるみや匂いなどに全く気を使わない

といった場合も、妻が夫に幻滅する要因となりかねません。

 

外見の変化は「かっこいい・かっこ悪い」といった問題だけでなく、健康状態を映す鏡のようなものです。

外見の変化=夫の健康を心配する気持ちから、日々の生活に気を使う妻は多いでしょう。

 

にもかかわらず、

  • 妻や家族のために努力する姿勢が見られない
  • 夫のためを思ってやっていることに文句を言われる
  • 妻に隠れて不摂生な生活をする

上記のような態度を取る夫も、妻の恋心に変化をもたらす要因だと考えられます。

 

加齢による外見の衰えは仕方がないことではありますが、家族のために健康や若々しさを保つ気持ちをいつまでも持っていて欲しいものです。

それができない夫に、幻滅する妻がいるのは仕方がないと言えるでしょう。

 

いるのが当たり前の存在になった

いつの間にか家族としてそばにいるのが当たり前の存在になった夫に、恋愛感情を持ち続けるのは難しいことですよね。

悪い意味だけでなく、良い意味でも「本当の家族になった」と考えることもできます。

 

しかし、下記のような状態になると話は別です。

  • いてもいなくても変わらない存在になった
  • 相手を大事にしようという気持ちが持てなくなった
  • 一緒にいてもつまらない

 

一緒にいるのが当たり前でもお互いを好きな気持ちを保つには、

  • 信頼関係
  • お互いをいたわる気持ち
  • 愛情

が不可欠な要素でしょう。

 

しかし、

  • いるのが当たり前・家事や育児は妻がやるのは当然
  • 大事な話だけれど妻に話す必要はない
  • 家族なのだから、いちいち感謝を言う必要はない

上記は単純に妻の存在に甘えている、いわば「釣った魚にエサはやらない」状態と言えます。

 

「いて当たり前」だからこそ、お互いを敬い大切にする気持ちは忘れてはいけないことです。

しかしお互いに無関心で感謝の気持ちすら持てなくなると、愛情が薄れていくのは当然なことと言えるでしょう。

 

そばにいるのが当たり前の存在になった

からといって妻の存在に甘えてばかりいる夫には、妻からの愛情も薄くなるのは当然の結果だと考えられます。

 

今からできる!夫への恋心を復活させる方法とは?

この章では、今からでもできる夫への恋心を復活させる方法を解説します。

一度失ってしまった恋心を復活させるなんてできるの?

と考える女性は多いでしょう。

 

しかし恋愛感情がなくなるのは、お互いに恋愛感情を保つ努力をしていなかったからとも考えられるのです。

一度無くした夫への恋愛感情を復活させる方法として、下記解説します。

 

  • 定期的に2人で出かける
  • 服装や体形に気を配る
  • 感謝の気持ちを伝えあう
  • 夫の良い所に目を向ける
  • つき合っていたころの気持ちを思い出す

下記にて順番にご覧ください。

 

定期的に2人で出かける

夫への恋愛感情を復活する方法として、まず定期的に2人だけで出かける時間を持つことが挙げられます。

 

新婚当初は自然にデートする時間を持てていた夫婦も、

  • 日々の生活に追われる
  • 子育てに明け暮れる
  • 家の中で一緒にいるので、わざわざデートをしなくなる

など、2人で出かける機会は少しずつなくなっていくものです。

 

よっぽど用事がない限り2人で出かけることは、ほぼなくないもいかも……

という家庭が多いのではないでしょうか。

しかし夫への恋愛感情を取り戻したいならば、定期的に2人で出かける時間を持つことが大切です。

 

生活用品を買いに行く、子供のイベントなどの用事が伴うお出かけではなく、

夫と2人でデートする

ことを目的とした外出の機会を定期的に設けましょう。

 

しかし、

今さら夫と出かけても、何を話して良いわからない……

という女性も多いとは思います。

 

まずは、

  • 近くのカフェに2人で行く
  • 一緒に映画を見に行く
  • 公園を散歩する

といった1時間~2時間弱の短い時間でデートするだけで十分です。

 

2人で出かける機会を持つうちに、

  • 普段話すなかったお互いの話ができる
  • 相手としっかり向き合える
  • 愛情の再確認ができる

などパートナーとしての対話ができるようになりますよ。

 

服装や体形に気を配る

お互い服装や体形に気を配りながら年を重ねることは大切です。

恋心を保ち続けるには外見も大きな要素となるのは間違いありません。

夫に気をつけてもらうことはもちろんですが、妻も自分の外見に気を使うことを併せて行うことが重要と言えるでしょう。

 

新婚当初は夫と出かける際おしゃれやメイクに気を使っていた女性も、

  • 夫の前で普段着でいることが多くなった
  • そもそもデートをしなくなった
  • 夫の前では、いつもすっぴんの状態

など素の姿を見られることになれてしまうと、外見にあまり気を使わなくなりますよね。

 

もちろん、家の中でもよそ行きの格好をするのは無理だと思いますが、

  • 出かけるときはメイクや服装を切り替える
  • 体型維持に気を使う
  • 髪型を変えてみる
  • スカートなど女性らしい服装を心がける

などちょっとした気遣いで大きく変わるものです。

 

普段家の中での妻の素の姿を知っている夫だからこそ、

  • 今日はいつもとちがうな
  • 最近ちょっと綺麗になった気がする……
  • 自分のためにおしゃれをしてくれたのかな?
  • つき合っていたころを思い出す

など、妻への恋愛感情を再燃させるきっかけになるかもしれません。

 

ちょっとしたイベントごとがあるときは、お互いお洒落をして外出する機会を設けたり、記念日デートなどを計画してみましょう。

 

感謝の気持ちを伝えあう

お互いに感謝の気持ちを伝えあうことを怠らないようにしましょう。

 

長く一緒にいるといつの間にか、

  • 夫が(妻が)やってくれて当たり前
  • 夫(妻)よりも自分の方がやっている
  • 何でやってくれていないの?

とお互いに感謝の気持ちを持てなくなってくる夫婦が大半でしょう。

 

しかしどんなに小さなことに対しても、

  • いつもありがとう
  • 凄く助かっている

とお互い感謝を伝えあうことは大切なことです。

 

感謝の気持ちを伝えあうことで、下記のようなメリットがあります。

  • 夫婦のコミュニケーションが増える
  • お互いを尊重したり尊敬する気持ちを持てる
  • お互いの存在の大切さを再認識する

上記のほかにも「ほめたり感謝することで夫が家事を積極的に手伝うようになった」という良い循環が生まれる可能性があるでしょう。

 

夫への恋愛感情を取り戻すには、まずはお互いにポジティブな言葉をかけ合って、

やっぱりこの人と結婚して良かったな!

と思えるのが第一歩だと言えます。

 

夫の良い所に目を向ける

夫への恋心を復活させるためにも、夫の良い所にも目を向けるようにしましょう。

結婚して一緒に暮らし始めると、生活の中で相手の気になるところばかりに目が行きがちです。

 

  • 何回言ってもごみの分別をしてくれない
  • 子供と遊ぶだけで、叱るのはいつも私の役目……
  • お義母さんとの間をちゃんと取り持ってよ!

など、イライラする場面は多々あるでしょう。

しかしそうなると、に対して愛情を感じにくくなってしまいます

 

まずは小さなことでも良いので、夫の良い面に着目してみましょう。

  • 雑だけどおおらかなところが良い所なんだよね
  • 子供と遊ぶの上手だな
  • 優柔不断だけど、優しい面があるんだよね……

など、まずは無理やりにでも夫の良い面を見る努力をするのが大切です。

 

また夫に対しても、

あなたのそういう所(性格)素敵だと思う
と口に出して伝えるようにするのも良いでしょう。

 

 

つき合っていたころの気持ちを思い出す

夫への愛情を取り戻す秘策として、つき合っていたころの気持ちを思いだす機会を持つようにしましょう。

 

  • 昔の写真を見返す
  • つき合っていたころの手紙やメールのやりとりを見返す
  • 一緒に見に行った映画を見なおす
  • 以前デートで訪れた場所に行ってみる

上記ならばすぐにできるのでおすすめです。

 

まずは思い出の品を手に取ったり、懐かしい場所に実際に言ってみることで、

  • この写真は最初のデートのときものだな
  • ケンカしたあと謝ってくれたときのメッセージだ
  • プロポーズのときにもらったリングケースなつかしい!

など、一瞬で夫に恋心を持っていたときのことを思い出せるものです。

 

もし思い出の場所を再訪したい場合は、可能ならば夫と2人で行くと良いでしょう。

  • よくデートで行ったカフェやバー
  • プロポーズされた場所
  • 最初のデートで行ったスポット

 

2人で改めて訪れることで、お互いに恋していたころの気持ちを思い出すきっかけになりますよ。

夫への恋心を取り戻したい女性は、付き合っていたころを思い出す時間を意識して設けるようにしましょう。

 

補足:夫に恋愛感情なしでも結婚生活を継続させる秘訣とは?

この章では、夫に恋愛感情なしでも結婚生活を継続させる秘訣をご紹介します。

夫に恋愛感情が持てないことに対して「物足りない」と感じる女性は多いでしょう。

 

しかし夫の恋愛感情がないのは、デメリットだけではないことも事実です。

  • 家族として一生を過ごす「同志」のような存在になった
  • 一緒にいるのが当たり前な安心感がある関係性に変化した
  • 男女ではなく人として大切な関係になった

上記のような面を大切にすることも必要でしょう。

 

夫に恋愛感情がなくても、良い形で夫婦関係を持続させる秘訣として下記解説します。

  • 居心地が良い関係を築く
  • 1人の時間を充実させる
  • 外見には気を配っておく

下記にてひとつひとつ順番にご覧ください。

 

居心地が良い関係を築く

居心地が良い関係を築く努力を怠らないことは大切です。

 

夫に恋愛感情を持てなくなると、

  • 夫が家にいる日が楽しみでなくなる
  • 夫の言動にいちいちイライラしてしまう
  • 小さな夫婦喧嘩が絶えない

など、家の中がギスギスした雰囲気になりがちです。

 

しかし恋愛感情はなくとも一生涯を共にする相手として選んだ夫なのですから、家の中は居心地よくするに越したことはありません。

  • 「おはよう」「おやすみ」などの挨拶はちゃんとする
  • 食卓を囲むときは楽しい話をする
  • 夫婦喧嘩のルールをつくる
  • 夫が好きなお酒や入浴剤を切らさない
  • 家族のイベントを大切にする

上記のようにできることはたくさんあります。

 

日々のコミュニケーションはもちろん、家が安らぎの場所であり続けるように工夫や努力をするのは大切なことです。

家族とはいえ他人同士だということを忘れないようにしましょう

お互いに気遣いや配慮を怠らずに過ごすことが、居心地の良い関係を維持する秘訣だと言えますね。

 

1人の時間を充実させる

お互い1人の時間を充実させ、尊重し合うことも大切なことでしょう。

 

夫に恋愛感情が無くなると、

  • 夫が家に居る休日が苦痛
  • 一緒にいても話すことがない
  • つい夫と同じ部屋にいるのを避けてしまう

上記のように、夫と生活を送ること自体にストレスを感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。

 

何となく「休日は家族で過ごすことが優先」と考えてしまいがちですよね。

しかしお互いひとりの時間を持つようにするだけで、日々の生活にハリがでるのでおすすめですよ。

 

  • 趣味の時間を持つ
  • それぞれの友人と過ごす
  • 1人旅に出る
  • 家の中にそれぞれの「好きなものスペース」を設ける

上記のような時間や場所を持つようにすれば、お互いの存在を過度にストレスと感じることも少なくなります。

 

また、お互い1人時間を楽しむことによって、下記のようなメリットもあるでしょう。

  • 好きなことをすることでストレス発散につながる
  • 生活に張りがでて外見もはつらつとする
  • 趣味や好きなことの話など、夫との会話の幅が広がる
  • イキイキと日々を楽しんでいるお互いに改めて好感をもつ

 

人は誰でも、楽しそうにしている相手に惹かれるものです。

家族や夫にしばられずに「自分が本当に好きなことと向き合う時間」も大切だということを、忘れないようにしましょう。

 

外見には気を配っておく

恋愛感情がなくなっても、外見への気配りは怠らないようにしましょう。

 

恋愛感情を持てない夫相手に気を使っても無駄じゃない?

と感じる女性もいると思いますが、外見に気を使うことは夫のためというよりも自分自身のために大切なことです。

 

夫に恋愛感情を持てずに悩んでいる女性は、

  • 若いころのようなときめく気持ちを持てない
  • 女性としての喜びを感じられない
  • 家事と育児に追われて、最近のトレンドすらわからない

上記を不安に思う気持ちが、少なからずあるのではないでしょうか。

 

何歳になってもときめく気持ちや、女性としての自信は人生を輝かせるために必要なものです。

上記気持ちを持ち続けるためには、夫への恋愛感情に固執せずに自分磨きをすることは大切なことと言えるでしょう。

 

年齢を重ねることで外見は変化しますが、

  • 年相応のお洒落を身に着ける
  • 白髪や髪質の衰えをカバーする髪型にチェンジする
  • 質の良いアクセサリーを身に着ける
  • 若いころは似合わなかった化粧をしてみる

など今しかできないおしゃれは、年齢毎に必ずあるものです。

 

年齢を重ねてもその時々のきれいを維持している妻に対して夫も、

  • いつまでもキレイにしているな
  • 年齢を重ねて素敵な女性になったな

と、あなたに改めて惚れ直すきっかけになることもあるでしょう。

 

いくつになっても身ぎれいにすることは、良い夫婦関係を維持することに一役買ってくれる可能性は大いにあるはずですよ。

 

まとめ

夫に恋愛感情が亡くなった妻たちが、夫に冷める瞬間として下記5つが挙げられます。

  • 家事や育児に非協力的
  • 夫の嫌な面ばかりが目につくようになった
  • 夫からの愛情が感じられない
  • 夫の外見が変わった
  • いるのが当たり前の存在になった

 

今からでもできる、夫への恋心を復活させる方法として下記がおすすめです。

  • 定期的に2人で出かける
  • 服装や体形に気を配る
  • 感謝の気持ちを伝えあう
  • 夫の良い所に目を向ける
  • つき合っていたころの気持ちを思い出す

 

補足として、夫に恋愛感情なしでも結婚生活を継続させる秘訣は下記が挙げられます。

  • 居心地が良い関係を築く
  • 1人の時間を充実させる
  • 外見には気を配っておく

 

夫への恋愛感情なしの状態になると、

  • ずっと恋愛感情を保てると思っていたのに……
  • 愛していない夫とこの先も夫婦でいられるのかな?

と不安に感じる女性は多いでしょう。

 

しかし家族になって恋愛感情が無くなってしまっても、お互いに努力をすれば復活させることは可能です。

また恋愛感情がなくなることが悪い面ばかりではないことも、頭に入れておくべきでしょう。

当記事が、夫に恋愛感情なしの状況に陥った女性のお力になれれば幸いです。

 

夫への気持ちが復活したあとのことを知りたい方は、下記記事で解説しているので参考にご覧ください。

 

夫を「もう好きじゃない」と冷めてしまったことについて悩んでいる方は、下記記事でも取り上げているのでお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました