【限界】旦那が邪魔で仕方ない!イライラする原因と対処法5選

旦那

「旦那が邪魔でしかない!」

「旦那が邪魔で、ずっと仕事に行っていればいいと思ってしまう」

「旦那が邪魔で役に立たない」

上記のように思ったことはありませんか。

 

確かに妻は家事に育児にと休みがないのに、旦那が休日だからといってゴロゴロされていると、つい邪魔だと思ってしまいますよね。

そしてそのイライラのままつい強い口調で言ってしまう、なんてこともあるでしょう。

 

そこで当記事では旦那が邪魔でついイライラしてしまう場合の対処法とその原因について解説していきます。

  • 旦那が邪魔!イライラしたときの対処法
  • 旦那が邪魔!妻がイライラしてしまう原因
  • 邪魔だと思われてしまう旦那の特徴

 

旦那が邪魔でイライラしてしまうことが多い場合は最後までご覧ください。

もし最後までご覧になった場合は、旦那にイライラしたときの対処法がみつけられるでしょう。

 

旦那が邪魔!イライラしたときの対処法5選

 

旦那が邪魔でついイライラしてしまう!ことは、妻の多くが感じたことがあるでしょう。

しかしそのイライラだけをぶつけても、何も解決しません。

それどころか険悪な雰囲気になってしまうことでしょう。

 

そこでこの項目では旦那が邪魔でイライラしてしまったときの対処法を5つ紹介します。

  • ストレス発散先を見つける
  • 感謝の言葉を伝える
  • その都度してもらいたいことを指示する
  • ひとり時間を作る
  • 過度に期待しない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

ストレス発散先を見つける

旦那が邪魔でイライラしたからといって、そのイライラのまま感情をぶつけることはしてはいけません。

まずは冷静になることが大切です。

そのためには

ストレス発散先を見つけよう

息抜きができるようなモノや場所があるだけで、心の持ちようが違ってきます。

 

たとえば

  • 子育てなど日々の愚痴が言い合える友達との時間の確保
  • 自分の趣味に没頭できる時間の確保

などです。

 

これには旦那の協力も必要になるかもしれません。

はじめは渋る旦那もいるかもしれませんが、強引にでもその時間を確保することによって旦那へのイライラは減るでしょう。

またその時間の子育てや家事を任せることで、妻の大変さを身にしみてわかるはずです。

 

まずは自分の気持ちの余裕をもつために、ストレス発散先をみつけましょう。

感謝の言葉を伝える

感謝の言葉を伝えましょう。

旦那が邪魔でイライラしているのに、何で感謝の言葉を伝えなきゃいけないのよ。

と思うかもしれません。

 

しかし相手も怒りの感情をぶつけられても、それが自業自得だったとしてもいい気分にはならないですよね。

それならば感謝の気持ちを伝えて、旦那を喜ばせて持ち上げたほうが自分も相手もイヤな気持ちになりません。

 

たとえば

  • 「いつも仕事を頑張ってくれてありがとう」
  • 「お皿洗ってくれてありがとう」
  • 「荷物もってくれてありがとう」

など些細なことでいいのです。

 

その積み重ねが旦那をやる気にさせます。

「これをしたら妻に喜んでもらえる。こんなことしたらどうかな……」

と旦那に思わせることができたら言うことなしです。

 

また感謝の気持ちを伝えるためということは、相手のいいところを見つける作業でもあります。

イライラした気持ちにばかり向いていたベクトルがプラスに向けるきっかけにもなり、気が付いたら気持ちに余裕がもてるようになってくるはずです。

 

その都度してもらいたいことを指示する

その都度してもらいたいことは伝えましょう。

見ていればわかるでしょう!はNG

です。

 

どれだけ妻が忙しく自分の周りに動き回っていようとも、旦那の目には何も見えていません。

「冗談でしょう?」と思うかもしれませんが、男性はそういうものです。

 

逆に女性はつい察してほしいと思ってしまう傾向があります。

そのため

イライラしている理由を直接言うのではなく、イライラした雰囲気で体現しがち

 

その結果、「触る神に祟りなし」とばかりに旦那は見てみぬふりをしたり、そもそも妻がイライラしている原因に見当がついていなかったりします。

まずは察してほしいという自分の気持ちを捨て、都度どうしてほしいのかきちんと伝えましょう。

言えば案外動いてくれる旦那も多いです。

 

ひとり時間を作る

ひとりの時間を作るようにしましょう。

旦那の存在にイライラしてしまうのは、自分自身に余裕がないことも原因になっていることがあります。

自分に余裕がないと、相手にも優しくできないもんね。

人はつい見えているもので評価しがちな傾向があります。

しかし見えないとろろで旦那も頑張っているかもしれません。

 

「自分のことでいっぱいだと、何で手伝ってくれないの!?」ってその場のころしか見えなくなってしまうことが確かにあるかも……。

まずは自分の時間を少しでも作り、気持ちの余裕をもつように心がけましょう。

 

過度に期待しない

旦那に過度に期待しすぎないようにしましょう。

旦那の存在が邪魔に思ってしまうほどイライラするということは、旦那に「こうしてほしい」「ああしてほしい」という期待する気持ちがあるということです。

 

相手に対して期待するから失望もする

それならば最初から期待しなければ、イライラもしません。

 

冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、旦那と自分は別物です。

当然その考え方もやり方もタイミングも違います。

 

しかしつい自分と重ねてしまい、

「何でこうしてくれないんだろう?」

「何で察してくれないんだろう?

と思いがちです。

 

旦那と自分は別であり、過度に期待しても仕方ないと思うと、いっきに気持ちも楽になるはずです。

また旦那を邪魔と思う回数も減るでしょう。

なぜなら期待してないから、動いてなくてもイライラしないからです。

 

旦那が邪魔!妻がイライラする原因

休日などに旦那がいるとつい旦那の存在を邪魔に思ってしまい、イライラすることがありますよね。

では

どんなことが原因で旦那を邪魔と思ってしまい、イライラしてしまうのか

原因がわからなければ改善もできません。

 

そこでこの項目では妻に邪魔だと思われてしまう旦那について解説していきます。

  • すべて他人任せな旦那
  • コミュニケーション不足
  • 常識のすり合わせ不足

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

すべて他人まかせな旦那

すべて他人任せな旦那はその存在を邪魔に思われ、妻をイライラさせています。

 

たとえば

  • 子育ては妻任せ
  • 何かを決める際も妻や子供任せ

などです。

 

子育てなどは妻が主体にならざるを得ないことがありますが、だからといってすべて妻任せにしてはいけません。

俺はわからないからママが決めてよ、と言われちゃと相談する気も失せるんだよね。

また些細なことでもすべて人任せの旦那も妻をイラつかせています。

さらにそういう旦那の多くが「俺は何でもいいよ」と言うわりに、決まったことに文句をつけてくれるのです。

これでは旦那なんかいないほうがマシ!と妻に思われてしまいますよね。

 

 

コミュニケーション不足

旦那のことを邪魔に思ってしまう原因は案外コミュニケーション不足だったりします。

「だって旦那が何もしれくれないんだもん……」

と思うかもしれません。

 

しかし旦那からしたら

言ってもらわないとわからない

のです。

 

前の項目で解説した通り(「その都度してもらいたいことを指示する」参照)、男性に察しては通用しません。

夫婦といえど赤の他人です。

しっかりコミュニケーションをとり、お互いの希望を知ることで旦那を邪魔に思う回数は減るかもしれません。

 

常識のすり合わせ不足

コミュニケーション不足に通じるものがありますが、旦那が邪魔でイライラしてしまう原因は、常識のすり合わせができていないからかもしれません。

常識のすり合わせとは?と思うかもしれませんが、夫婦といえど別の家庭で育った赤の他人です。

 

つまり

自分の家庭での当たり前が他の家庭での当たり前とは限らない

ということ。

 

そして妻が旦那に対してイライラするのは突き詰めると

「どうして自分の思っているように動いてくれないの!?」

とう気持ちがあります。

 

しかし赤の他人なのですから、思考の仕方もやり方も違って当然です。

思うように動いてくれないことは必ずあります。

 

しかしそこで自分たちの常識のすり合わせをしっかり行っていれば、その行動の意味を予想することもでき、イライラの軽減につながります。

また自分の常識を相手にわかってもらうことで、相手が合わせてくれる場合もあるでしょう。

そのためにもしっかりコミュニケーションをとり、常識のすり合わせをすることがおすすめです。

 

旦那が邪魔と妻に思われてしまう旦那の特徴

自分たちのコミュニケーション不足などが原因で旦那を邪魔に思ってしまうことがある反面、旦那自身に原因の大部分がある場合も多々ありますよね。

 

そこでどんな旦那が妻に邪魔と思われてしまうのか。

その特徴について紹介していきます。

  • 自分優先
  • 家事育児をしない旦那
  • 子供みたいな旦那
  • 休日はゴロゴロ
  • 理由も言わず不機嫌オーラだけだす旦那

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

自分優先

当たり前ですが、自分優先の旦那は嫌われます。

そして邪魔だと思われ、いないほうがましだと思われてしまうでしょう。

 

特に子供のいる家庭では自分優先の旦那は疎まれる

 

まだまだ手のかかる子供がいる家庭では、自分の思い通りいくことのほうが少ないです。

食事や着替え一つとっても一筋縄ではいきません。

 

しかしそんな中旦那だけ自分のペースを崩さず、携帯をいじっていたり、こちらの都合も考えず出かけたりしたら、妻もイライラしてしまいます。

旦那がいようがいまいがやることは変わらないので、イライラしない分、旦那がいないほうがいいと思ってしまうでしょう。

 

家事育児をしない旦那

家事育児をしない旦那も邪魔です。

平日も1人で何とかなっているのだから大丈夫では、と思う旦那もいるかもしれませんが、人が1人増えるということはそれだけすることは増えます。

 

例えば食事。

子供たちだけであればそこまで考えず、簡単なものでもいいですが旦那がいるとそうもいきません。

単純に1人分の食事が増えたわけではなく、そこに伴う思考や行動が倍以上に増えているのです。

 

しかもそれが子供ではなく、いい歳の大人です。

 

少しは自分でやってよ……。

と思ってしましいますよね。

 

また家事や育児を何もしない姿が目に付いてしまうことが、さらに妻をイラつかせるのです。

その場にいなければ期待することもありません。

 

そこにいて何もしないということがイライラするのです。

そのため旦那の存在自体を邪魔と思うようになってしまいます。

 

子供みたいな旦那

子供みたいな旦那も邪魔だと妻に思われます。

我が家の長男は旦那、なんていう人もいますが、妻からしたら冗談ではありません。

 

いい歳した大人が子供のように世話をしなければいけない

は妻にとってNG行為です。

 

日々家事育児に忙しい妻にそんな余裕はありません。

猫の手も借りたいほど忙しいのです。

子供のように世話しなければいけない旦那は妻に邪魔だと思われます。

 

休日はゴロゴロ

休日はゴロゴロしてばかりの旦那も妻に邪魔だと思われます。

仕事で疲れているのはわかるけど……、私だって疲れてるのに。

 

仕事に休みはありますが、家事育児には休みがありません。

妻は平日も土日も関係なく、常にやることにおわれています。

旦那は仕事しかしてないのに、休みの日になると疲れてるんだ!ってソファーでゴロゴロ。

イライラする……。

共働き世帯が多い中、「仕事をしているんだ!」は免罪符になりません。

自分が疲れているように妻も疲れています。

平日だろうと休日だろうと率先して動けるような旦那でないと、妻に邪魔と思われてしまうでしょう。

 

理由も言わず不機嫌オーラだけだす旦那

理由も言わず不機嫌オーラだけだす旦那も妻に邪魔と思われます。

なぜなら不機嫌オーラをだすということは当然家庭内の空気も悪くなるからです。

それならいないほうがましですよね。

 

またそういったこと不機嫌オーラを旦那がまき散らしていると、そのうち子供が委縮してしまい、子供にとってもよくありません。

でもやめてって言っても、俺はそんな雰囲気だしてないって怒るし。

どこにスイッチがあるかわからない……。

不機嫌オーラをだしてくる旦那は本当に些細なことで機嫌を悪くします。

そして嫌な雰囲気をまき散らすことで自分の思い通りにしようと無意識に思っている場合が多いです。

 

無意識の行動のためなかなか改善しずらい
やめてほしいと伝えても否定したり、「機嫌はコントロールできない」など正当化しようとする旦那だと、話し合う気力も失せてしまい、邪魔だからどこかにいっていて、と思ってしますよね。

旦那が邪魔だと思う妻たちの声

多くの妻が一度は「旦那が邪魔!」思ったことがあるはずです。

 

それでは世の妻たちはどのようなときに旦那を邪魔と思い、どのように対応してきたのかまとめました。

  • 旦那が邪魔だと妻が思うとき
  • 旦那が邪魔だと思う妻の対応

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

旦那が邪魔だと妻が思うとき

誰しもが一度は「旦那、邪魔だなあ」とイライラしたことがあるでしょう。

そういった旦那が邪魔だと思う瞬間の妻たちの声をまとめました。

 

土日のストレス半端ない。
自分本位で人の予定まで勝手に決めるしさ。
何年苦痛になっていってる。

「ガールズチャンネル」より引用

ふたりきりのときは自分本位に決めてしまう人でも許容範囲だったかもしれませんが、子供がいても変わらず自分本位だとストレスになりますよね。

最初は自分本位なその行為にイライラしていたのでしょうが、繰り返されるうちに旦那の存在自体を疎ましく思ってしまうようになってしまったのでしょう。

 

性格ってそう簡単に治らないもんね。

他人の足音とか、子供のちょっとした喧嘩の声など音に敏感でイライラする旦那。
こちらが気を使うことになり凄く疲れる。

「ガールズチャンネル」より引用

神経質な旦那なのでしょう。

しかし子供の喧嘩や足音などでイライラされてしまってはたまったものではありません。

またそんな旦那を見て、子供が委縮しないか心配です。

 

家で一日中テレビ付けてダラダラゴロゴロされて、ご飯の時間になると何食べる?って言ってきて、自分は動かない
ビール、タバコに加えて、スイーツまで食べるなとか思うし

まぁ、旦那も私がずっと家にいて苦痛だろうけど
かと言って、子守するから私一人で出かけておいで、なんて言わない

「ガールズチャンネル」より引用

典型的な自分では何もしない旦那ですね。

いると目についてしまって余計にイライラしてしまい、旦那のことが邪魔に思えてしまうのでしょう。

いっそのこといないほうが割り切って家事も育児も自分で何とかするので、精神的なストレスは軽減されます。

 

旦那といっても赤の他人ですから、その他人とずっといるということ自体もストレスの原因なのかもしれません。

また妻に邪魔とまで思われてしまう旦那の多くは家のことを何もしなかったり、自分本位で独身の頃から生活や思考が変わらない人が多いようです。

 

旦那が邪魔だと思う妻の対応

誰しもが一度は「旦那が邪魔」と思うでしょう。

しかし「邪魔だ」と思っても、思うだけにとどめてる人がほとんどです。

世の妻たちもあきらめて視界に極力映さないようにしているのか、それとも何か行動に移しているのか気になりますよね。

 

そこで旦那が邪魔だと思った妻たちの対応についてまとめました。

 

その気持ち分かります。
私ももう無理です。出産控えているのに仕事を理由に何もしてくれません。都合つけられないの一点張りで上司にも全く相談してくれません。なので期待はしないで別れることにしました。

ガールズチャンネル」より引用

もはや旦那に何の感情もわかなくなってしまったのでしょう。

これから子供が生まれてどんどん忙しくなっていく中で協力ができない旦那では、邪魔だどころの話ではありませんもんね。

 

頼んでもすぐにやらないで忘れるし
とにかく自分にだけ甘い
家庭では頼りにしてない事は伝えてあります

ガールズチャンネル」より引用

妻のこと言葉に反省するか、ラッキーだと思うかで明暗がわかれますね。

ヤバイ!と思って反省し、行動がかわる旦那であれば、旦那に対して感謝の気持ちをもてそうですが、きっとかわらなかったのでしょう。

あきらめる、というのもひとつの方法です。

 

昔はやんわり伝えていましたが、トンチンカンな事をしてくるので、私はひたすらストレートに指示を出します。

旦那もそのほうが分かりやすいようで、特に嫌な顔せずにやってくれます。

あまりお礼を言い過ぎても、「やってやった感」を持つようになって始末が悪いので、ありがとうの一言で終わらせます(笑)

famico」より引用

やはり男性には細かくストレート指示をだすほうがいいようです。

「何でこれやってくれないの!」の不満をためて不機嫌になるより、「これやってほしいな」とお願いするほうがお互い、ストレスなく家事育児ができます。

本音を言えば、言われずともやってよ、ですが、最初のうちはハードルが高いのでしょう。

長い目で見ることが大切です。

 

以上のように見切りをつけた妻もいれば、もうあきらめるという選択をした妻、その都度してほしいことを指示するという長期戦を選んだ妻もいました。

家庭それぞれ状況も違ければ、自分たちの気持ちも違います。

自分にあった対応、気持ちの折り合い方を見つけたいですね。

 

まとめ

妻は家事に育児に、共働きであれば仕事にと日々忙しく動き回っています。

それなのに旦那は休日はソファーでゴロゴロ……。

家事も育児もしてくれない……。

 

そうなると旦那の存在が邪魔だとイライラしてしまう場合もあるでしょう。

そんなイライラした場合の対処法は、

  • ストレス発散先を見つける
  • 感謝の言葉を伝える
  • その都度してもらいたいことを指示する
  • ひとり時間を作る
  • 過度に期待しない

です。

 

また、旦那が邪魔だとイライラしてしまう原因に

  • すべて他人任せな旦那
  • コミュニケーション不足
  • 常識のすり合わせ不足

があります。

 

多くの妻が一度は旦那を邪魔だと思ったことがあるでしょう。

しかしそれは赤の他人だから当然です。

あまり不満をためる前に一度、旦那にどうしてほしいのか話してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました