【不安】離婚したい男性はどんな準備をしている?夫の心理や回避する方法を解説!

離婚したい

「離婚したい男性はどんな準備をしているの?」

「離婚したい男性がしている準備を知って別れを回避したい!」

「離婚したいと男性が準備を始めるのはどんな時?」

などとお悩みではありませんか。

 

夫の言動が怪しいと

もしかして離婚したくて準備を進めているのでは?

と不安になることもあるでしょう。

男性側がする準備を知って、対策を立てたいですよね。

 

当記事では

  • 離婚したい男性がする準備5選
  • 子持ちの男が離婚を決めるときの心理
  • 離婚したい夫との別れを回避する方法

といった内容を徹底解説していきます。

 

離婚したい男性がどんな準備をしているのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、男性が離婚したい場合にする準備が分かるはずです。

 

離婚したい男性がする準備5選

離婚したい男性は下記のような準備を進めています。

  • 証拠を集める
  • 親権を取る準備を整える
  • 別居の用意をする
  • 両親に報告する
  • 弁護士に相談する

具体的にどんな準備をしているのか、詳しくみていきましょう。

 

証拠を集める

まずは「証拠を集める」ことが挙げられます。

あなたの浮気を怪しんでいる場合は、ひそかに浮気の証拠を探していることでしょう。

 

また妻がモラハラ気質の場合も注意が必要です。

無視や暴言はモラハラとみなされます。

 

モラハラであることを証明するために、動画や日記などで記録をつけている可能性も考えられるでしょう。

 

親権を取る準備を整える

次に考えられるのは「親権を取る準備を整える」ことです。

子供がいる場合、親権をどちらが持つか問題になることも少なくありません。

 

子供が小さいと、母親が親権を持つケースがほとんどです。

しかしながら経済状態や精神状態によっては、父親が親権を取るケースもあります。

 

仕事を調整して子供と過ごす時間を作るなどして、親権を取る準備を整えている可能性もあるでしょう。

 

別居の用意をする

「別居の用意をする」ことも挙げられます。

たとえ今の家が夫の名義だとしても、妻が出て行かなくてはならないという決まりはありません。

 

結婚後に買った住居であれば、夫婦の共有財産になるからです。

不満が溜まって別居したいと夫が思っているのであれば、夫が家を出るのが自然な流れでしょう。

 

別居するための住まいを探したり、既に確保している可能性も考えられます。

 

両親に報告する

「両親に報告している」可能性もあるでしょう。

離婚は夫婦の問題ですから、二人で決めた後に両親に報告するのが一般的な流れです。

 

しかし場合によっては、既に両親に報告しているというケースもあります。

特に実家からの援助が必要な場合や、子供がいる場合は今後のサポートが受けられるかどうかも含めて相談していることもあるでしょう。

 

夫の両親が急によそよそしくなったり、対応が変わった場合は注意が必要です。

 

弁護士に相談する

「弁護士に相談している」ケースもあります。

離婚を有利に進めるためには、弁護士に相談するのが一番です。

 

お金に余裕のある夫であれば、弁護士に相談している可能性もあります。

離婚に向けた準備や有利に進める方法を相談しているのでしょう。

 

夫宛に弁護士事務所から手紙が届いていたり、電話がきている場合は相談している可能性が高いといえます。

 

子持ちの男が離婚を決めるときの心理

子持ちの男が離婚を決めるというのは、おそらく相当の覚悟があるのでしょう。

親権取得は母親が有利なので、もし失敗すれば最愛の我が子とも会えなくなる可能性があるからです。

 

リスクを負ってでも離婚したいと思うのには、下記のような心理が考えられます。

  • 一人になりたい
  • 自由になりたい
  • 好きな人ができた
  • 嫁姑問題に巻き込まれて疲れた
  • セックスレスが続いて限界

それぞれの心理を詳しくみていきましょう。

 

一人になりたい

まずは「一人になりたい」という心理が挙げられます。

「一人になりたい」という気持ちの原因は、人それぞれです。

 

家の中の居心地が悪いという人もいれば、妻といたくない人もいます。

まずは一人になりたい理由を聞き出すことが先決でしょう。

 

家の中を居心地よくしたり、会話を増やすなど、原因によって対策は異なるはずです。

 

自由になりたい

次に「自由になりたい」という理由も挙げられます。

特に子供がいると、自分の自由な時間がなかなか取れません。

 

仕事後や休みの日も、家族優先の生活を続けてきて疲れてしまった可能性もあります。

妻が夫よりも子供を優先していると、余計に寂しく都合の良い存在に思えてしまうでしょう。

 

家族のために一生懸命はたらいてくれている夫の好みや意見を尊重しているかどうか、自分の言動を見つめ直してみてください。

 

好きな人ができた

「好きな人ができた」可能性もあります。

浮気のつもりが、いつの間にか本気になり、後戻りできなくなってしまったのでしょう。

 

なかには浮気相手との間に、子供ができてしまったというケースもあります。

妻との関係が悪い中で浮気を始めた男性は、本気になりやすいので注意しましょう。

 

嫁姑問題に巻き込まれて疲れた

「嫁姑問題に巻き込まれて疲れた」という男性もいます。

嫁姑問題で離婚なんて……

と思うでしょうが、間に挟まれる立場は本当に辛いものです。

 

逃げ出したくても、親子の縁を切ることはなかなかできません。

妻からも自分の親からも愚痴を聞かされると

いっそのこと離婚してしまいたい……

と思ってしまうのです。

 

セックスレスが続いて限界

「セックスレスが続いて限界」という理由も挙げられます。

特に妻がセックスを拒否したことによるセックスレスのパターンでは、夫も離婚を考えるようになるでしょう。

 

一般的に5年以上のセックスレス状態が続くと、離婚願望が強くなると言われています。

性欲は食欲や睡眠欲と並ぶ、人間の三大欲求です。

【3大欲求】 食欲、性欲、睡眠欲

【2大欲求】
生理的欲求:人間が生存するために求める、肉体的欲求。3大欲求はこれに該当。
社会的欲求:人間が生活をしていく上で求める、精神的欲求。尊敬されたい、他者より優れたい、など。

引用:きしもと歯科医院

 

命に関わるものではなくとも、満たされなければ幸福度は下がってしまいます。

 

離婚したい夫との別れを回避する方法

夫の言動に

離婚したいのかな?

と思う節があったとしても、妻が離婚を望まないケースもあるでしょう。

 

離婚したい夫との別れを回避するためには、下記の方法がおすすめです。

  • 離婚届不受理申出制度を利用する
  • プロに相談する
  • 夫がなぜ離婚したいのかを読み取る
  • 離婚原因を排除する

それぞれの対策を詳しくみていきましょう。

 

離婚届不受理申出制度を利用する

まずは「離婚届不受理申出制度を利用」しましょう。

もし夫が勝手に離婚届を出してしまっても、受理されないようにする制度です。

届出については、不受理申出の制度が設けられています(戸籍法27条の2第3~5項)。
そのなかでも比較的多く利用されている「離婚届不受理申出」は、離婚の合意や届出の意思がないのに、配偶者の一方が勝手に離婚届を提出し、戸籍が離婚したものとして書き換えられるなどの問題を予防するための制度です。

引用:アディーレ法律事務所

 

離婚届不受理申出を提出しても、本人が取り下げをすれば離婚届は出せるようになります。

そのため、今は離婚したくなくても今後

やっぱり離婚したい!

と思ったときには取り下げられるので何の問題もありません。

 

プロに相談する

次に「プロに相談する」ことがおすすめです。

離婚したくないという悩みを一人で抱え込んでいると、ストレスになってしまいます。

 

ただし親族や友人に相談すれば、おおごとになってしまう危険性もあるでしょう。

弁護士や離婚カウンセラーなど、プロに相談してみると、中立の立場でアドバイスをもらうことができます。

 

離婚を回避する方法についても、さまざまな知識と経験から的確な助言をしてくれるはずです。

 

夫がなぜ離婚したいのかを読み取る

「夫がなぜ離婚したいのかを読み取る」ことも対策のひとつです。

離婚したい理由が分からなければ、対策を講じることはできません。

 

たとえば

一人になりたいから離婚してほしい

と言われても、本当の理由がそうであるとは限りません。

 

実際には好きな人ができたという可能性もあるでしょう。

本当の理由を上手に聞き出して、対策を練るようにしてください。

 

離婚原因を排除する

最後に「離婚原因を排除する」ことも必要です。

夫が不満に思っていることがあれば、その不満を解消してあげなくてはなりません。

 

男性が離婚を決意するのは、相当な覚悟があったときです。

些細なことの積み重ねも、原因になっているのでしょう。

 

たとえば

  • 料理や掃除が疎かになっていないか
  • 夫ではなく子供を優先させていないか
  • 夫を厳しく縛り付けていないか

など、自分の言動や家庭内の状況を振り返ってみてください。

 

思い当たる節があれば、改善策を考えるようにしましょう。

言い訳をするのではなく、夫を追い詰めてしまったことを反省して改善しなければ夫婦関係の修復はできません。

 

まとめ

離婚したい男性は下記のような準備を進めています。

  • 証拠を集める
  • 親権を取る準備を整える
  • 別居の用意をする
  • 両親に報告する
  • 弁護士に相談する

 

特に子供がいる男性にとって、離婚は大きなリスクが伴うものです。

リスクを負ってでも離婚したいと思うのには、下記のような心理が考えられます。

  • 一人になりたい
  • 自由になりたい
  • 好きな人ができた
  • 嫁姑問題に巻き込まれて疲れた
  • セックスレスが続いて限界

 

夫の様子がおかしいと

もしかして離婚したいと思っているのでは?

と不安になることもあるでしょう。

 

ただし実際はあなたの思い違いという可能性もあります。

夫の気持ちを疑うよりも、まずは夫婦関係を見直し改善するように努めましょう。

 

夫婦関係が改善されると、あなたが不安に思う気持ちもなくなるはずです。

離婚したい男性の心理については、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました