【難しい】離婚したいときの手紙例文5選!渡すタイミングや注意点も徹底解説!

離婚したい

「離婚したいときの手紙例文は?」

「離婚したいという例文通りに書いた手紙を渡すタイミングは?」

「離婚したいときに例文を参考に手紙を書く際の注意点は?」

などとお考えではありませんか?

 

離婚を直接切り出すのは、緊張しますよね。

手紙やLINEで離婚を切り出したいと思うのも無理はありません。

 

当記事では

  • 【ケース別】離婚したい時の手紙例文5選
  • 離婚を切り出す手紙を渡すベストなタイミング
  • 妻から離婚したい旨を手紙に書く際の注意点

といった内容を徹底解説していきます。

 

離婚したいという内容の手紙を作成しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、離婚したいときの手紙例文がきっと分かるはずです。

 

【ケース別】離婚したいときの手紙例文5選

離婚したいときの手紙例文をケース別にご紹介していきます。

  • 話し合いの場を設けたい場合
  • 性格の不一致で離婚したい場合
  • 既に別居中の場合
  • 子供がいる場合
  • 新婚の場合

それぞれのケースで手紙例文をみていきましょう。

 

話し合いの場を設けたい場合

まずは「話し合いの場を設けたい場合」の手紙例文です。

手紙で伝えるにしろ、一方的に離婚を押し付けることはできません。

 

夫も意固地になり、スムーズな離婚ができなくなる危険もあるでしょう。

離婚したい気持ちを伝えつつも、夫の意見を聞くことも大切なのです。

 

話し合いの場を設けたい場合の例文は、下記を参考にしてください。

突然の手紙で驚かせてしまいごめんなさい。
直接だとうまく伝えられないので、手紙を書きました。
あなたの不倫を許そうと思ってきましたが、どうしても以前のようにあなたを愛することができません。
あなたの意見も聞きたいので、〇曜日の〇時から話し合いをしましょう。

理由を伝えながらも、相手の意見を聞こうとする姿勢がポイントです。

 

性格の不一致で離婚したい場合

次に「性格の不一致で離婚したい場合」の書き方をご紹介します。

あなた自身が「性格の不一致」だと考えていても、夫も同じように感じているとは限りません。

 

具体的にどんなところで性格の不一致を感じているのか、具体的に書くようにしましょう。

いつも家族のために働いてくれてありがとう。
〇年一緒に暮らしてきましたが、最近は顔を合わせるたびに喧嘩をすることも多くなってきましたね。
お互いの将来のために、離婚を考えたいと思っています。
あなたの意見を聞きたいので、話し合いの時間を設けてください。

 

あくまでも「お互いのため」というところがポイントです。

より良い未来のために離婚を検討していると書くことで、ポジティブな印象を与えられるでしょう。

 

既に別居中の場合

次は「既に別居中の場合」の例を解説していきます。

別居中ということは、既にある程度の話し合いはされてきたのでしょう。

 

別居しても気持ちが変わらなかったことを、手紙で伝えることで離婚の意思を伝えられます。

突然の手紙でごめんなさい。
別居して〇ヶ月、あなたとやり直すためにどうしたらいいのかずっと考えてきました。
でも何度考えても、あなたとやり直す未来が見えません。
これ以上、夫婦である意味を見いだせないので離婚を考えてもらえないでしょうか?
あなたの意見も聞かせてください。

 

やり直そうと努力したけれど無理だったことを伝えるのがポイントです。

話し合いをいつ、どこでするのか具体的に書いておくと分かりやすいでしょう。

 

子供がいる場合

「子供がいる場合」の手紙例文もご紹介します。

子供がいると、話し合いができずに手紙になってしまうという夫婦も多いですよね。

 

子供の親権や養育費など、決めなければならない問題も増えることでしょう。

しかし離婚を切り出す手紙にすべて盛り込むと、要点が伝わりにくくなってしまいます。

 

手紙には離婚したいという気持ちに絞って、書くようにしましょう。

例文は下記の通りです。

突然の手紙でごめんなさい。
子供たちがいて、なかなか落ち着いて話せないと思い手紙を書くことにしました。
あなたも気づいていると思いますが、最近は喧嘩も多く、家の中の雰囲気も険悪になっていますよね。
子供たちのためにも、お互いのためにも良くないので離婚を考えてもらえないでしょうか。
〇日なら子供たちがいないので、話し合いの時間を取ってほしいと思っています。

 

新婚の場合

最後は「新婚の場合」の手紙例文をみていきましょう。

「スピード離婚」という言葉もある通り、結婚したばかりで離婚を考える夫婦も増えてきています。

 

付き合った頃は見えなかった嫌な部分も、結婚して毎日一緒にいると次第に見えてくるものです。

早いうちに離婚することで、お互いに再スタートが切りやすくなるというメリットがあります。

 

しかしながら新婚であれば、話し合いでやり直せる可能性もあるので離婚以外の選択肢も検討しましょう。

手紙で伝える際は、下記の例文を参考にしてください。

突然の手紙でごめんなさい。
あなたと結婚して〇ヶ月、妻としていろいろな体験をさせてもらいました。
でも付き合っていた頃よりも喧嘩が増え、戸惑っている現実もあります。
ずっと考えてきたのですが、このまま結婚生活を続けていく自信がなくなってしまいました。
あなたの意見も聞きたいので、話し合いの場を設けてもらえないでしょうか。

 

離婚を切り出す手紙を渡すベストなタイミング

離婚を切り出す手紙を書いたとしても、渡すタイミングは難しいですよね。

改めて手紙を渡そうと思っても、なかなかタイミングが掴めないという人もいることでしょう。

 

渡すタイミングとしては、下記がおすすめです。

  • 家でゆっくりしている時
  • 夫の気持ちが落ち着いている時
  • 仕事の前は避ける

それぞれのタイミングで渡すメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

 

家でゆっくりしている時

まずは「家でゆっくりしている時」がおすすめです。

自宅でゆっくりしている時間は、誰しも心に余裕が生まれます。

 

休みの日など、家で夫がゴロゴロしている時間はねらい目です。

仕事の後、家に帰ってきてからは疲れていることも多いので避けるようにしましょう。

 

一見、ゆっくりしているように見えても、肉体的にも精神的にも疲れているはずです。

ちょっとしたことでイライラしやすくなっているので、避けた方がいいでしょう。

 

夫の気持ちが落ち着いている時

次は「夫の気持ちが落ち着いている時」です。

イライラしているときに離婚を切り出す手紙をもらっても、破り捨てられる可能性の方が高いでしょう。

 

仮に捨てられなかったとしても、離婚について話し合う余裕まではないはずです。

空腹だったり、眠かったりする時間帯は避けましょう。

 

夫の気持ちが落ち着いている時に渡すことで、離婚したいという気持ちを分かってもらいやすくなります。

 

仕事の前は避ける

最後は「仕事の前は避ける」ことがポイントです。

これから仕事というときに、重い話をされると誰でも憂鬱になりますよね。

 

妻としては

通勤途中にでも読んで!

というつもりだったとしても、もらった方は気持ちが落ち込むものです。

 

その日一日、離婚の話で頭がいっぱいで仕事が手につかなくなる可能性もあります。

仕事の前に渡すことは避けるようにしましょう。

 

妻から離婚したい旨を手紙に書く際の注意点

妻から離婚したいという気持ちを手紙に書く際は、下記の点に注意してください。

  • 夜に書かない
  • 書いた文章は時間を空けて読み返す
  • 用件をまとめた短い文章で書く
  • 悪口は書かない
  • 夫の気持ちを聞く機会も設ける

それぞれの注意点を詳しくみていきましょう。

 

夜に書かない

まずは「夜に書かない」ことがポイントです。

夜は感情が高ぶりやすいと言われています。

夜は副交感神経になり、人は休息やリラックスモードに切り替わる。昼間の活動で受けた身体的疲労や心のダメージを修復する大事な状態が副交感神経の活動時。この時間に人は不安になったり、感傷的な気分に陥りやすいという意見がある。

引用:NewsCafe

 

思い付きでSNSやブログを文章にして、翌朝見直して恥ずかしい思いをしたという方もいることでしょう。

手紙を夜に書くと、感情的な文章になりやすいので注意が必要です。

 

書いた文章は時間を空けて読み返す

「書いた文章は時間を空けて読み返す」ようにしましょう。

一生懸命書いていると、論点がどんどんずれてしまい脈略のない文章になりがちです。

 

自分では意味が分かっても、読む人にとって分かりやすいとは限りません。

また誤字脱字があれば、夫も読む際にストレスを感じることでしょう。

 

間違いや分かりにくい箇所を見つけるためにも、読み直すことは大切です。

 

用件をまとめた短い文章で書く

「用件をまとめた短い文章で書く」ことも意識しましょう。

夫に手紙を書いていると、二人で過ごした思い出などを書きたくなってしまいますよね。

 

また普段の恨みつらみがこみ上げてくることもあるでしょう。

しかし内容が盛りだくさんになると、話の内容が伝わりにくくなります。

 

言いたいことは山のようにあるでしょうが、グッと堪えて用件だけを書くようにしましょう。

 

悪口は書かない

「悪口は書かない」ようにすることも大切です。

たとえ気持ちが離れていても、悪口を書かれれば良い気はしません。

 

普段からそんな風に思っていたのか……

と離婚の内容もすんなり入ってこなくなるでしょう。

 

さらに

短所を改善してほしいのか?
それとも離婚してほしいのか?

といった大事なポイントが伝わりにくくなります。

相手を責めるような内容や悪口は、手紙に書かないようにしましょう

 

夫の気持ちを聞く機会も設ける

最後は「夫の気持ちを聞く機会も設ける」ことです。

手紙だと相手の意見を聞くことができません。

 

あなたの「離婚したい」という気持ちを一方的に押し付ける結果になってしまうでしょう。

夫は離婚についてどう思っているのか、気持ちを聞く機会を設けてください。

 

〇月〇日の〇時から話し合いましょう

などと具体的に決めることで、夫も話し合いに応じやすくなるはずです。

 

まとめ

離婚したいときの手紙例文を下記のケース別にご紹介しました。

  • 話し合いの場を設けたい場合
  • 性格の不一致で離婚したい場合
  • 既に別居中の場合
  • 子供がいる場合
  • 新婚の場合

 

手紙を渡すタイミングとしては、下記がおすすめです。

  • 家でゆっくりしている時
  • 夫の気持ちが落ち着いている時
  • 仕事の前は避ける

 

確かに離婚を面と向かって切り出すのは勇気がいります。

手紙やLINEなら、冷静に文章を考えて伝えることができるでしょう。

 

感情的になってしまいそうで不安……

という方は手紙で切り出す方法もおすすめです。

とはいえ、離婚を一方的に押し付けるのではなく夫の意見も聞くようにしましょう。

 

夫を説得する方法については、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました